第5回進歩させるシンポジウム デザイン編 オンライン その1

シンポジウム:

世代の違うものがひとつのテーマで、お互いの意見を出し合う。。

今回は、その辺にいる、絵を描くのが好きな高一の女の子です。

以前から、少し知ってるのですが、久しぶりに会ったら、

化粧してて、う~ん時代かなぁ。

若いしメイキャップしなくても、いいのに~。

なんてこと言ってもしょうがないし、

今年50になる私と、ティーンエイジのギャップ

もうそんな言葉も使わないかも😭

化粧する子が、多数派になってたら、それをどうこう言う

必要なし。。

さて本題。

依頼は、6月23日に護国神社で、

「外国人対象初めての書道」的なイベントを開催したく、

そのチラシ・ポスターをお願いしました。

私自身は、デザインの勉強もしたことないし、絵を描くこともありません。

とはいえ、ちゃんと筋道立てて、コンセプトを投げかけます。

高一だから・・・プロじゃないから・・・

適当に描いて、みたいなことは言わなくて

表現するものを明確に指示して、それを全部入れなくてもいいけど、

やってみてと話しました。

イベント内容:

外国人が書道体験で半紙に書いた漢字をそのままTシャツにする企画

表現するもの

①筆の力強さ→筆圧とスピード

②書道がすきな日本人(子どもから大人まで)が外国人をもてなす

③場所は、彦根城のたもとの護国神社

④書いた漢字がTシャツになる

⑤それを喜ぶ参加者(外国人)

ミッション:

通りかかった人が、これなんやろう、おもしろそうってなれば、

チラシ、ポスターとしては成功。

チラシを見て申し込んでくれるためのツールなので、

相手が誰か、その人が見たときをイメージして作ってみてください。

サイズはA4でプロクリエイトで、やってみてください。

失敗してもいいのでトライしてみて下さい。

学校に差し障りのない範囲でやってみてください。

そのように伝えました。つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です